忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ネパール土産だったか、何年も前にいただいたスカートがある。凝ったカットのインド更紗?を縫い合わせた細身のシルエットに、裾と腰には刺繍、所々のアクセントにも刺繍が施されて、色合いも素敵で気に入っている。けれどたった一つ、重大な弱点があって一度も履いたことがなかった。その弱点とは。
ちょっとしたことで破れるんである。

最初のビリッは試着の時。普通の感覚で足を入れ、つま先が少し引っ掛かった途端に大きく裂けた。部屋着にしようにも薄い生地のうまいあてつぎ方が思い付かず、箪笥の奥へ。そして数年が経った今年、やっと引っ張り出してオーガンジーのリボンをあてた。
鼻歌交じりに、でも注意しながら手洗いして、脱水も畳んだ状態で軽く押すだけに留めて、陰干しに。そして待つこと半日。乾いてみたら、…穴だらけだった。
がっくりもいい所である。それでも合計5箇所を接いで、先週のお泊りでの部屋着として持って行き、BBQの買出しに出掛けたりみんなに綺麗なのにもったいないなーと言ってもらったりして満足して、今日、スカートは解体されて色とりどりの布切れになった。今、これを加えて「紙漉き」の試作品を作っている。姿形は美しくてもあのままではまっとうできなかったモノとしての使命が、これでやっと活かされる!
その前に手洗いしたのだけど…新しい穴が増えたのは言うまでもない。

 気が付いたら開花していた真夏のバラ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]