忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜は久し振りに、マンドリン・オーケストラの演奏会に行って来た。
友人に報告したら、「…冬だね…」との返事が。マンドリンの音色は人によっては寂しげらしく、特に音を伸ばすためのトレモロ奏法がより一層センチメンタルな気持ちにさせるらしい。
私は実家で小さい頃から見ていたせいか、カタチやピンと張られた弦やその数に興味はあったものの特別な思い入れはなく、時々父が弾く音を聴いては”あ、トレモロ。それがマンドリン。”位にしか思っていなかった。
それが数年前、友人に誘われて行ったいくつかの大学サークル合同のマンドリン・オーケストラに、毛が逆立つほど感動。ブラスバンド出身の私は元々大編成の音楽が大好きなのだけど、それまで知らなかったマンドリンの種類の多さやオーケストラになった時の情感の豊かさに一発で惚れてしまい、以来、時間が合えば足を運ぶようにしている。

昨夜もやっぱりステキだった。吹奏楽は音が一定に伸びてそれらが重なり和音が出来るが、マンドリンは、そこにトレモロの”数”という要素が加わる。全員が同じリズムで弦を弾く和音。…面白い。どの指揮者だったか、バイオリンのビブラートをぴったり合わせるために前列と後列のリズムを微妙にずらして演奏させたよね、とか思い出し、マンドリンに当てはめたらどうなるのかしら…など想像してみたけれど、トレモロはそのズレが良いのかも。だからこそフォログラムちっくで立体的、というか。

話しは飛んで、明日。故郷沖縄の県知事選挙がある。
遅々として進まない、いや後退した感のある普天間米軍基地のことを思うと、なんだか気が重い。今週は北朝鮮の韓国アタックも起こり、ますます米軍を外しては考えられない情勢になって来ているような。
どうする日本。どうする沖縄。どう考えてるんだアメリカ。
トレモロみたいにずれてもそれはそれ、はお断りだ。沖縄の思いに、日本は足並みを揃えて欲しいよ。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]