忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

唯一の連絡手段だと思っていたこのインターネット以外にも携帯のメールは繋がるようで、タイムラグがありながらも遠くの友人達から安否を心配した言葉が届いている。

ありがとう。

実家には電話が通じて無事を伝えられたものの、未だ家電話も携帯も近郊とは繋がらず、有事の事態になったら自分はどう動けばいいのか考えさせられている。こんなにありとあらゆる線が張り巡らされた現代において、まさか孤独になるなんて思っても見なかった。
地震が起こったとき、私はPCでドラマを見ていた。携帯メールも諦めていたから、一番最初に送った地震の一報は、なんとアメリカの友人に宛てたメールだった。遠すぎてどうにもならなくても、”この後 東京も大きな地震に襲われた時の為に私の今現在の状況を残さなくては”という思いが頭をよぎった。次に友人全員に宛てるつもりでblogに書いた。皆に声を掛けると同時に何かあっても残るようにしたかった。その後に取った行動は、シャワーを浴びること…。もしかしたら数日入れなくなるかもしれない、と思ったからなのだけど、今思えばなんとゆとりある行動だったか。

アパートの周辺は、スナックも飲食店も酒屋も八百屋も開いていて見た目には通常通りだ。ただコンビニはごった返していて、お弁当の棚はすっからかんで、緊急事態がすぐそこまで迫っていたことを実感している。

今日は仕事の面接も来週にお願いして予定を入れずに家にいて、今日を含めて今現在の私の状況は運が良いと言えるけど、地震直後の私の手は恐怖で震えていたし、続く余震には日が暮れても窓を閉められなかった。
この先、東京が直撃されたら私はどうする?どうすれば良い?
覚悟はするし近くの避難場所は知ってるけど、どうしたら良いのかはまったく分からない。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]