忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぜんぜんダメだ。
一文字も進まない。
何時間もパソコンの前に座っているのに、テレビをつけたり消したり、cdを聴いたり聴かなかったり。先週、barで下ネタ大魔王と喋っててつい買っちゃったタバコを無理やり吸ったり。お茶は、紅茶から緑茶、珈琲と手当たり次第に淹れてみた。…まだ玉露があるぞ?やだ。今はめんどくさい。
お風呂も入った。
ご飯も食べた。
天の助け!?か1年振りに上海の友達からメールが来て、子育て中で時間が無い彼女が読み易いように、と2部構成の返事を書いてみたけど、それももう送っちゃったし。


レポートが書けないの。時間潰ししてるの。なんでだろう、難しいの。
ふと頭に浮かんだ言葉は、「弱虫毛虫、怠け虫。体の中は、みどりいろ。」。
我ながらなんじゃそりゃ。
でもね、毛虫って、本当に体の中が緑色なんだよね。

そうだ、今年 縁あってミャンマーはシャン民族のパーティーに友人と参加させていただいた時、とても美味しくて珍しい絶品料理の数々の中に Roasted chaterpillars があって、その生々しい外見とは裏腹にものすごく味わい深くて驚いたって出来事があった。その後友人と調理法について考えてて、
”きっと、絶食させて身体の中を綺麗にしてから炒ったんだろう、だからえぐみが無かったに違いない”
とコメントしたら、
”…えぐいね。”って返された。
あの時はそうかなーと思ったけど、そうね、いもむしは緑を食べているんだから絶食させなくても良いのかも。ある時期の鮎みたいにそのままで美味しく行けるのかもなあ。
ますますえぐいですか、もしかして。

そう、昨日は東京オペラシティのギャラリーにセシル・バルモンドを観に行った。
18時以降は半額になるのでもちろんその時間を狙って、昼間は初台にいたという珍友に渋谷から戻ってもらって一緒に見てあーだこーだ好き勝手に話してたんだけど、後半になってやっと凄さが分かり、珍友と一緒に「今まで浅はかでごめんなさい」って謝った。
仕組みが分かると面白くなったし、何かのヒントをもらえた気がした訳だけど、そう言うことは色んな方面でそうで、つとアートと呼ばれるものについては表層から内面を、内側から外見を理解するのは難しいなあ。
いや何かあるはずだと思い返してみても、展示会場にあった言葉の数々が回顧的に感じた印象は今も変わらないし、プロジェクターの画像については池田亮司のかっこ良さを思い出したりと、やっぱり良く分からないかも。ごめんなさい。
あの、”構造物”という物体として存在するもののバランスの素晴らしさやかっこよさは、理系の人ならもっともっと深く感じ入るのかなあ。
どうなのよエレメント。「エレメント」って言葉は、大好きだ。語感的にも。

さあーて、そろそろ戻ろうー。
書けるといいなー!


 ↓ これが、空炒りいもむし。      ↓ 三角柱じゃどうよ、と描きなぐったメモ。
       
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]