忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

段ボールで作った引き出しの”化粧直し”をしていたらこんな時間になって、つけっぱなしのテレビではカメラマンのアラーキーを追いかけたドキュメントをやっていた。
クレヨンと指で気の赴くままに描いたりこすったりと結構集中していたらしく、アラーキーが静かに語る場面で我に返った。

「愛する人を亡くすとさ、なんだかこう高みに行くんだよね、冴えるって言うかさ、だからもっと亡くしたら天才になっちゃうよ」
こんな感じのことを言っていた。
なんか、分かる。
そう言うこと。
そう言う気持ち。

目的もなく始まった落書きのはずが、どこの色をなぞった時にこの言葉を聴いてどの色を足したのかはしっかりと記憶されて、必然とは偶然の中でどう自分が処理するかなんだなあ、なんて改めて思ったりした。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]