忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



友人が送ってくれた本。

中堅どころのそのまた中、の出版社営業マンが、
他社営業マンや書店と繰り広げるちょっぴりミステリーな、
社会人の悲哀?!を綴ったお話で、
作者が元書店員だけあって、経営の裏側や出版社、取次店との
関係など、現場の様子も分かりやすく描かれています。

感想は。

本屋さんがこんなに大変だとは思わなかったな−。
小さい頃は実家の徒歩圏内に3つは書店があったけど、
今はゼロだもんねー。
東京に住んでいた頃、たまに使う駅からの道すがらの
小さな書店で買うと、店主がとても嬉しそうだったなー。
手書きのポップもあったっけ。。。

家の近所には世界を股に掛ける大手書店があって、
調べ物に重宝しているしもちろん購入も楽々。

ですが。

本は町の書店で買おう。好きな本を古本で漁るのも良いけれど、
新しいモノも、買おう。
もっと本を読もう!

そんな気持ちになるシリーズでした。
いやー、読書って、いいですね!


●大崎梢 平台がおまちかね 背表紙は歌う


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]