忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


22日、伯母と石巻へ。
東京に住んでいた頃にJIM-NETでお世話になった熊谷宏さん=くませんせいが主宰されている、
”スペース千人風呂”を訪れるのが目的です。
今年、微々たるものですが”親子でアート♪”の収益を寄付させていただいた先でもあります。

と、伯母に話すと、「あなたに食べさせたいわ、焼きたてを。」
ということで、まずは30年のお付き合いと言う”橋本かまぼこ”さんへ。
”橋本かまぼこ”の笹かまぼこは、石巻で、ずーっと3人で作り続けているそう。
その人気から1年待ちの場合もあって、無添加であることもありお取り寄せも難しいとのこと。
店頭で手に入れるしかない、私にとっては「幻の」笹かまを食すべく、いざ!

連絡なしで訪れたけれど、開いていました〜。
店頭で焼きたてをいただき、びっくり。
まずその大きいこと!そしてそのお味!食感!
ふわふわっとして、ほんのりと甘くて、これまで経験した笹かまとは別物で。
「これが”ご当地もの”なのね。」
観光地に生まれ育って分かってはいるけれど、外向けとの差を再確認。


もうこれは今買うしかないでしょう!と購入したことで、実は伯母とすったもんだ起きまして…(笑)

スーパーで氷をもらい、伯母の車のトランクに常備の発泡スチロールの箱に入れ、
帰りは別になったのにも関わらず夜にはホテルに届けていただいて即冷蔵庫へ。
叔母からは保冷バッグをもらって、
沖縄まで一切常温に晒すことなく無事に持って帰ったのでした。

…お陰で沖縄の皆様も美味しいと言っていただきました。
伯母さん、叔母さん、ありがとうございました☆

さあ、そんな感じですが、まあね、
幸先の良いスタートを切って(と言えるでしょ!?)スペース千人風呂へ向かいました。

…続きは、また。


今も手焼きでひとつずつ。
「こんな店、ないわよ、写真撮らせてもらいなさい」と、伯母。
パチリ♪

空港には”橋本蒲鉾店”という店がありましたが、
伺ったところ製法は同じだけれどレシピは変えているとのこと。
確かに、違うお味でした。

石巻には他にもかまぼこ屋さんがいくつかあるそうです。
その全てが再開できている訳ではありません。
ですが、そんな中でも営業を再開されている皆さんの決意に、
まず心打たれたのでした。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]