忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先述のシュールな黒猫ちゃん発見!公園付近にたぶんお住まいの、お宅を持たないじいちゃんが可愛がっている。通りがかりの女の子に囲まれ、黄色い声の中その子を胸に抱えてご満悦状態だったので、コーヒー缶の真偽は不明。今度遭遇したら確認してみたいけど…どうしよう。


イベントの事務局が昨日立ち上がって、早くもパソコンスキルの低さを痛感しているんだけど、とにかく出来ることをしなくちゃ、と仕事の後にぶらーっと那覇の街を散策して、マックに寄って明日の予習と昨日今日の復習という名のノートまとめを。っていうかね、事務局がなんと住んでる部屋の真上で通勤時間徒歩1分!まっすぐ帰ったらもったいない!だから普通なら通勤に掛かるであろう数十分を散策に費やすことにした。
そのお陰で、今日は念願の!琉球菓子、「ちいるんこう」を手に入れる幸運が!
沖縄に帰ってから何度か本を見ながら自宅で沖縄のお菓子を手作りで作っているけれど、どうしても作れそうにないのがこの「ちいるんこう」。まず、外側を赤く染めたピーナッツのスライスが散りばめられ、祝いの席で振る舞われるこれを食べたのがあまりにも昔すぎて、味を覚えていない。次に、通常は店頭に並ばないので手本がなく、本の写真だけでは雰囲気が理解しづらい。そして極めつけは、実家の本に記された材料も方言で書かれていて何のことだかさっぱり分からない!…ああ、食べ物は恋と同じ、手に入らなければ入らないほど思いは募る。…食感は…ふわっとしてるのか、しっとりなのかサックリなのか?甘みは?砂糖のみのさっぱり?はたまたクリーミー?
正解は、しっとりとふわっとしていてクリーミー、それでいて素朴。口に入れたとたん突いて出る歓喜の言葉”おいしい〜♪”は幸せの証。国際通りにも2店舗ある老舗の新垣菓子店を梯子して限定品の黒糖&プレーンパックを購入、どっちでも試食して、どれだけ嬉しいかを店員さんに吐露してしまったくらいだ。あ、あとるーりーにも電話したな。


夜の帳が降りてからは市場を歩き、むかしから沖縄にあるお箸を購入。見よ!このおめでたい色合いを!しかも10膳で¥180だ!価格もおめでたいだろう!(後日、スーパーが安いと判明。コープで¥158で売ってた。)?このお箸でご飯を食べると、なんでだかテンションが上がる。昔は嫌いだったなあ。けばけばしいと思っていたんだよね。

お昼はこれも昔からある食堂、「花笠」で取り、琉球〜沖縄三昧の一日だった。

さーって、ゆっくりとちいるんこうでも食べようかな♪箱には、”バターでトーストしてジャムを添えてもよし”とあった。ひーっここに書いているだけでつばが!
半年間恋い焦がれたちいるんこう、今夜、その思いが成就する。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]