忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今年1月11日、神奈川芸術劇場がオープンした。愛称KAAT。Kanagawa Arts Theatreの頭文字を繋げたもので、劇場の入り口正面エントランス、2階に上がるエスカレーター横の白壁にはそれを模った看板が付いている。その看板の飾り付けを仰せつかり、サポート的お仕事させていただいた。
これからKAATで上演される文学作品をイメージした本やお花など、金と銀に塗り分けられたパーツを固定する土台作りが私のお仕事で、かなりぎゅぅっと詰めた作業ながら楽しくさせていただいた。

KAATのこけら落としは、三島由紀夫の「金閣寺」。 1月29日にスタートし、かなーり独創的なアプローチ?!ですっごく評判になっている。これまでの金閣寺へのイメージが覆されるらしく、私はこれから観劇するのだけど、もう楽しみ~で仕方ない。既成概念や個人的な価値観、主観が覆されること、それこそがアート、ひいては人生の醍醐味なのだー。えへ。

芸術監督は宮本亜門さん。これからも応援しまーす!!



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]