忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は風の強い一日だった。

午後、とある駅を降りて、面接、というのか面談、というのか、お仕事の話に向かった。
初めて降り立った町だと思っていたけれど、途中に見覚えのあるパン屋さんを見掛けて、四捨五入すれば10年前に来たことを思い出した。ある時まではきっと胸の痛む思い出だったはずの過去も、今ではすっかり”おしなべて過去”だ。
仕事の話は求めていた感じとは違っていて、それは先方もそうだったらしく、でも、「小学生との親子アートワークショップ」というカタチが実現できるかもしれず、ほんのり胸に灯りのともる感覚を得て後にした。

電車を途中下車して、時々お世話になっているJIM-NETという団体の事務所に置きっ放しの画材を取りに寄った。
私はかつて数年間”人道支援”といわれる種類のボランティアに没頭していたことがあり、その頃はちょうどイラク戦争の真っ只中だったこともあって、大きな世界の動きを東京でも感じながらたくさんの人々と知り合った。その時に出会った人々が散ることなくひとつのコミュニティーを作り、既存の団体をネットワークとしてまとめ上げて現在に至っている。代表は、癌治療の第一人者、鎌田實先生である。私はそこでとある模型を作ったり、イベントのお手伝いとして今でも繋がりを持たせてもらっている。こうやって何の縛りもなくふらっと寄れる場所があることは、贅沢なことだな、と思う。

そろそろ自宅の最寄り駅だと言う頃に、友人から幸せなメールが届いた。最近の友人との話題や言葉を思い出し、相当にやけながらスーパーに入り、誰に見られようが構わず時には立ち止まりつつニヤニヤと買い物を済ませ、帰宅途中も道々メールしていたら重いはずの荷物も軽くて、アドレナリンと言うものはなんと直情型なのだ、と思ったり、本当に良かったなあ、私も嬉しいのだなあと思ったり。


風は、自宅に着くまで私の髪を乱れさせながら強く吹いていた。

そう、風は吹いた。 たぶん、私にも、色んな人にも吹いている。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]