忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々に更新します。

今日、ポストに一枚のハガキが届いていました。
その友人に電話を掛けて(そう!あなたよカオリちゃん!w)、近況をざっくりと報告して、ブログをチェックしたら、毎日誰かしらの足跡が残っていました。
ありがと〜。

で、こちらにも近況のご報告。

なかなか忙しく過ごしていて、学生になってみたり、嬉しい事に親子アートの依頼を受けてみたり、ボランティア活動したり朝まで飲んだり祭りに参加したり、もちろんお仕事とか、充実しています。
そんな中でも一番の出来事は、一生の出来事。



4月頭、父が亡くなりました。
(結婚!とかじゃなくてすみません…)
突然のことだったので、物理的な対処に追われる日々を過ごしています。
でも精神的な部分で言えば、昨年の震災後に実家に戻り、年老いた父と過ごす中で覚悟していたことなので、だいぶ楽です。

覚悟の中には、父に会ってもらいたい人々に連絡してできるだけ会いに来てもらう、という行動もありました。
通院はしていましたが入院するほどでもない状況でしたけど、真面目に受け取ってくれた親戚が来沖し、それから1ヶ月も経たない内の出来事でした。

最近は少しずつ、ふとした瞬間に悲しみを覚えるようになりました。
自慢することでも何でもないのですが、
私にとって肉親の死は初めてではないので、
事務的な対処と自分の性格も合わせてみて、どんな感じで気分が落ちて行くのかはだいたい分かっています。
今現在は予想通りの軌跡って感じです。

そしてこうやって文字にして、吐露して確認してしまうと、悲しさは感触を持って私のそばに佇む。
簡単に言っちゃえば、もっと悲しくなっちゃう。

でもね、無視はしない方が良い。
私の性格だと。

5月に仕事で大阪に行ったとき、体の凝りを友人に指摘されました。

先週は体の痛みで熱まで出てしまいました。
自覚症状としては、体の「凝り」。
触られるだけで痛いの。
でも、マッサージ専門職の友人に言わせれば、「そんなに凝ってない」って。


ここが不思議なところなんです。
私には分かる気がするんですけどね。
悲しみは、体を固めるものね。
私は、泣き足りないんです。
私の性格なんです、これが。
そしていつも、体を蝕まれるのね。
大阪の友人はそこを分かっているのかもなと思います。
彼女は、私の背中だけじゃなくて心も見たんじゃないかなーと。


だから、こう言う状況の時、私は自分に「大丈夫」ってあんまり言わないようにしています。
”あんた、そろそろ泣きなよ〜、軽くしようよ〜”って感じの気分に持って行くようにしてます。
弱い自分を吐露しても気分は楽になんてなりませんが、
弱い自分を認めれば、先に進む事ができる。
あわよくば、強くも。
これが、私です。

沖縄ではイケイケな友達が多いので、この一種デリケートな?精神世界を理解してもらえそうになくて、
唯一ここが寂しいのですが、
小用で上京する来週、沖縄を離れるのをきっかけにして、吐き出そうと思います。



少なくとも私には、重大な転機を過ごせる拠点が2つある。

この事実に感謝して、人生、謳歌したいなと!!


今日も青空の沖縄から近況、でした。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< スイッチ   |  HOME  |   感謝。 >>
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]