忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本ロマンス協会なるものをご存知だろうか。
私は全く知らなかった。たぶん、この先も知らずに過ごして、仕事で私なりに大満足してそれなりの財を築き、年を取って、願うカタチで結婚、出産、おばあちゃんになって、とある天気の良い午後、ゆったりとカウチに身を委ねながら過去を振り返っては”なんてホットな人生だったろう”と呟き、その回想には私なりのロマンスもてんこ盛りに盛られていて、誰かの定義を必要としない、色鮮やかな、褪せることのない生の経験がそこにはある。
という予定だった。
いやいや今でも未来の行動についてはその予定だし、根拠はなくともそれを実現させる自信はすんごくある。”幸せのしっぽ”なるものも見えている。
しかし、改めて、ロマンス、ってなんだろう?
恋愛に関する様々な定義は、それが可能であるという前提での話だが、全くもって人それぞれであるんじゃなかろうか。

最近 私としては珍しく先方の携帯を相手にがっつりとやり取りを交わしたテーマがあった。
それは「大人の片思い」。
友人の投げ掛けはこう。
「大人は片思いをするのか、するとして、やっぱりみっともないことをしたり、校舎の陰からそっと相手を窺い見るような淡い思いに胸を痛めたりするのだろうか」…間違ってたらごめん、友よ。
私は”みっともないこと”という部分に引っ掛かった。この場合のみっともないとは、何を指しているのか。そもそもみっともないこととは、なんだ。恋において、愛において。

メールを重ねるうちに私達のやり取りはゲージュツ的広がりを見せ(個人的見解だけど。)、ついにはコクトーやらトリュフォーやらを引っ張り出して面白がる事態に発展。今夜も女3人でアジアンフードに舌鼓を打ちながら(またもや!)話してみたりもし、それらをまとめてここに書いてみようと思った矢先に、ロマンス協会の存在を知ってしまった。



と、いう訳で、今、協会の方にロマンスの定義とやらを問い合わせ中なので、その答えをいただけた後に続きを書こうと思う。

…どんな展開になるんだろう?


*協会の名称は、正しくは 「日本ロマンチスト協会」 でした。訂正してお詫び申し上げます。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]