忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近見た映画が、びっくりするくらい、立て続けに…変でした。


まずこちら。
コメディーっていうし、好きなジェームズ・スパイダーだから選んだ
「セクレタリー」が始まり。



次に、公開当時から気になってた「パヒューム」。



とどめにシャーリーズ・セロンの「モンスター」。



ジャンルがコメディーだったらここは笑うとこだろーなーと考えながら笑った
セクレタリー。
天才調香師というよりただのサイコパスじゃん!って、
見終わるのに3日かかったパヒューム。

そしてそして。
実話を下敷きに、サイコパス?連続殺人犯の”愛の物語”として描いたモンスター。

…モンスター、すごく良かった。
自分の中にも、主人公みたいに分からず屋で反抗的で幼稚な部分があって、
でも違うのは、生き方を模索するときの方法…。
何ができるか、何が好きかと自問するとき、
彼女が見る景色の中には、”身の丈”が無かった。
打ち砕かれて当然の夢物語じゃ元の木阿弥。
心から愛する人を見つけても、幸せになれない。
生き方を変えることができない。
何が足りないんだろう???
愛されること??

生き方を知らない、または失った人たちに対して、心に傷を負ったからそうなってしまうんだという説明は、果てしなーく虚しい。
最後の数秒、愛についての言葉なんかを引用しながら呟くシーンがあって、
納得するのかと思いきや、振り返って”勝手にほざけ”とスクリーンのこちら側を蔑視した。
ああ…変わらないんだ。
心底、世の中を諦めてるんだ。

この猟奇殺人を犯した本人は、
世に出てしまえば同じことを繰り返すような人間だという理由で、
死刑を早めてくれるように自ら進言し続けて執行に至ったというから、
考えちゃうよね。
その人なりの幸せや、その人なりの生き方という物を。

シャーリーズ・セロンの映画も最近続いているのだけど、
きっとこれは彼女の演技の「極み」。
そういう意味でも、見て良かったなー。



さーここで、サイコパス診断なるものをどうぞ。
…怖いよね。なにがって、いくつかサイコな答えが分かっちゃったりするんだな…w


*モンスターを2度、見直してみました。
 人を愛せないのは恋人のセルビーも同じだった。もっと酷いか。
 お互いにお互いを導く方法を知らなかったから、二人とも自分をもだまし続けたのね。
 少なくとも自分の”哀しい”気持ちに正直だったリーの方が、救いがある、かな。
 それをぎゅっとできる人に出会えなかったリーの人生をかわいそう、とは言い難いけれど。  
あと、アンジェリカ・ヒューストン、カメオ出演してない??
法廷で陪審員から判決文を受け取る職員役で。
セルビー=クリスティーナ・リッチでアダムスファミリー繋がりとか?? 


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]