忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


木曜。友人宅へランチに。”残り物だけど…”と出てきたのはこのラザニア!こんな残りものなら毎日いただきたいですー。しかもこの友人宅にはいつでも手作りの焼き菓子があって、今回はパウンドケーキと、有機栽培のお茶っぱを使ったケーキの2種があった。すべて美味しくてあっという間にペロリ。そう、他にも、フエルトで出来たハンバーガーのおもちゃと、裁縫がプロ級のお母さん作のストール(着物のリサイクルらしい!)を誕生日プレゼントに。息子くんも最高に可愛かったし楽しかった。本当にありがとう!

金・土曜。情報通信研究機構という施設の一般公開で受付のアルバイト。元々こういう研究機関のイベントが大好きで、子ども向けの体験コースに何かしらヒントを得られたら…と参加。残念ながらこれといった収穫は無かったけれど、わんさかやって来た子どもの対応を個人的に楽しんだ。しかし楽しみすぎたのか、余り良い顔はされなかった気が。イベント系の仕事は雇用側との息が合わないことが多いので、不向きなのだろうなあ、と思うけど、どうあっても数日で終わってしがらみのないのが、こういうバイトの利点かと。

昨日の夜は、地元の花火大会だった。絶好ポイントに住んでいる方からお誘いを受けていたけれど、バイトもあってお断りしていた。最寄り駅からの帰宅途中、屋根の上に少しだけ見えた花火に”今年はこれで…”と思っていたら、自宅に近づくにつれてどんどん視界が開けてきて、なんとあと1分で着く、という場所に良いビューポイントを発見。案の定、そこら辺の建物からどんどん人が出てきて、最初は一人だったのに気が付けば10人くらいの集団に。周りの話し声によると、毎年ここに来る人もいるらしい。

花火を見ながら思ったこと。
昼に、お母様の訃報を知らせてくれた友人のこと。
メールからもその辛さが伝わってきた。時間を掛けて返事を書いたけど、今どうしているかなあ。

大きな音は、悲しみの涙を誘う。瞬間の美しさで空に大きく開く花火は、尚更だ。
綺麗な花火だった。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]