忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


手持ちの材料で救命袋を作り始めたその日から実は別バッグがあって、それも含めて進化を続けた結果w、今日、別バッグが完成。主に医療品を収めたポシェット、”黄色い革ナイチンゲール号”だ。
メインの救命袋は、アウトドアが得意なアメリカの友人から「アーバンなキット。グッド。」と言われつつも指摘を受けた欠品”シャープなナイフ”に新しい刃を入れたカッター、”マッチか何か火をおこせる物”にZippoを加えた。他に大判絆創膏(好きな大きさに切って使える)、使い捨て手袋、輪ゴム、ハサミ、生理用ナプキンなどなどなど。食べ物も、金平糖とchupa chupsを思い出したので突っ込んだ。
ぜーんぶ持ってた物で構成してるって、すごくない?

あとは缶詰だけだ。女子一人、担いで逃げるにはそろそろ限界が来るぞー。

母の26回目の命日である今日、とある方に会って来た。
私が日頃感じていたことを大胆な言葉で表現、明言され、私個人の歴史を私には馴染みの薄い角度から分析してくださり、結果ある側面からの私の歴史物語が生まれた。その物語には続く未来があって、そこを一緒に…という感じだったのだけど、物語を構成しているもの、核となるものを知っただけで今の私にはもう容量一杯、という感があったので、先に進まずに帰って来た。
先方の意に沿えず申し訳ない気持ちもあるけれど、自分の気持ちに正直になることこそその道には大事であるとも思えるので、これで良いと思う。
母の命日にあてた何かの導きであると捉えて、教えていただいたことは自分なりにやってみるつもりだ。

今 最優先すべきは、私個人の幸せを追求する何かであったとしてももっと具体的で、もっと他人と繋がる可能性を内包する規模のものだと思う。
今日の東京は強い風の吹く寒い一日だった。
被災地の皆さまが、どうか少しでも暖かく過ごせますように。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
<< 沖縄へ   |  HOME  |   続々と。 >>
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]