忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • もうこれは、自分用の記事です。
    振り返りやすくここに転載。
    友人への返事です。
    これが今、精一杯の自分。





    昨日はバイト先のカフェの30代男子と飲んでてさ、
    このひとサッカー選手だった人でさ、面白いのよ。無理がなくて。
    で、響いた言葉が(ちょいちょい言うんだけど酒はいるときらきらして聞こえるw)、
    やりたい事よりこうなりたくない自分ってのが分かって来たから、楽だ、って。

    私は分かっているだろうか。
    こうなりたい、こうしなきゃ、ってばかりじゃなかろうか。

     

  •  

    ストレスの殻をちょこっと破ったあとの景色はねー。

    もっと遊ぼうて感じかなw

    真面目に話すとさ、景色は、変わりました。

    私はある種の感情を、「寂しい」と理解していて、
    その感情が盛り上がると、もう、この世の終わりみたいになってたの。
    それは、母が自殺しちゃった後からずっと続いていて、
    あ、もちろん今はなんぼもましなんだけど、時折やってくる虚無感を、どうにもできなかったの。
    「寂しいな」って。

    だから、誰かに頼るわけ。
    依存するのね、私の場合は、恋愛にね、恋人に。
    ここまではずーっと分かっていた事。
    どうしようもなかった事。
     

    で、今、ここに来て、あの感情は「寂しい」だけではないかもしれない、と。
    もっと違う呼び方があって、もっと違う見方があるんじゃないかな、と。
    私が知らないだけなんじゃないかな、と。

    寂しさはもしかしたらなにかもっと良い事に繋がる道かもしれない。
    実際、若い頃は彫金に繋がってた。
    そしていま、また彫金に繋げようかな、と。
    呼び名を変えてさ。

    ひとつの事柄は、見る角度によって違うものになる、できるかも。

    これが、あ、景色が変わったな、って思う理由のひとつかな。


 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]