忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日からイラストレーターで職務経歴書なるものを作り直していて、友人の経験談やら知人のイラレ知識など感謝感激なのだけど、作品ファイルを作っていたらデータが壊れた!ので一旦中止して出掛けることにした。ランニングに。
今日は前回よりきっと辛い。という予想通りにすぐに苦しくなって、野川公園に着いた頃には汗も凄かった。元々代謝は良い方だけど、汗を流れるままに放っておくと疲れが早い。かといって水分補給が水だと逆に気分が悪くなることがある。これは調理時代に経験して分かったこと。田舎の区民運動会で用意される飲み物が麦茶だったのは、理に適っていたんだなあ。おばあちゃんの知恵袋はすごい。

今回も芝生の上でストレッチしていて、股関節の具合が左右で違うことに驚いた。そう、昔から、お尻の筋肉ストレッチをすると、左は本来伸びるべき場所とは真逆の位置が痛くなるんである。忘れていたことを思い出して、ゆっくり、ゆっくりほぐす。だんだんと痛みが無くなって伸びていく股関節。ああ、やはり運動とは必要不可欠なものなのだなあ。
なんだかだるくて帰りはもう走る気が起きず、川べりを歩くことに。菜の花の種を縦に割いて種を確認してみたり、たんぽぽの綿毛やクローバーの花を愛でたり。でもだるさは抜けず。なぜかって。。。
今私は、ちーごーごー中なのである。ちーごーごーとは、沖縄の方言で「血がどばどば出ている状態=怪我」を指す。しかしまあ、面白く使えば良いさーね。女性は月一でちーごーごーになるわけさーあきさみよー。
この言葉を、沖縄のNHKラジオで地元のコメディアンがアナウンサーに説明した時、アナウンサーが返すことには
「じゃあ、号泣は、涙ごーごー、ですか!?」
…言わんよ。そんなこと、言わん!でも知らないって面白い。言葉を知ってる沖縄の人はそんな不思議な組み合わせ、これっぽっちも思い付かない。

沖縄方言ネタで忘れられない事件をもうひとつ。世界のカンムリワシこと元世界チャンピオンボクサー具志堅用高がクイズダービーに出たときのこと。私たちは茶の間で番組を見ながら夕食の最中だった。
大橋巨泉が、具志堅に若手ボクサーについて質問。それに対してグッシーは、
「ああ、良いボクサーっちゅよ、チューバーっちゅ。」
誰も分かるはずが無い。チューバーとは、うちなーぐちで「強い人」のことである。もちろん巨泉は、チューバーってなんですか、と再び質問した。彼は即答、
「ガージューっちゅ。」
…茶の間が凍りついたことは言うまでも無い。グッシーは本当にパンチドランカーなんだなーと幼心に確信したことを覚えている。ちなみにガージューは、「我の強い人」という意味だ。多分転じて「強固なやつ」と言いたかったのか。私は「丈夫な人」って感じで受け取った。
5歳の頃、ククレカレーの懸賞で当てた真っ赤なグッシーパーカーが大のお気に入りだった。彼は、愛すべき私のヒーローだった。まだ生きてるけど。
てなわけで、この辺で私はお風呂にgo!go!しようね~。

追記:今日の3キロ弱のジョギングで体重-1.2kg。走るのはダイエットの近道っちゅ。あ、運動したら食事もしっかりと摂りましょう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]