忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6日振りにPCの前に。
今週は、月曜から熱が出てだるくて食欲不振で、ダウンしてた。そんな時にPCは触れない。PC作業には、かなり体力と気力を奪われるから。私だけかなあ。
そんな中でも時々携帯メールは、した。あの、小さく光った画面が私と外とを繋ぐ唯一無二のものになってて、悲しきひとり暮らしを痛感(笑)
それでも、長くPCを立ち上げてないと気が付いた友たちから水曜、木曜と連絡をもらった。
…うれしい。やっぱり友達がいないと、人は、カンタンに死ぬね!!
ダウンしてる最中、テレビはうるさいのでDVDを引っ張り出して見ていて、そのひとつがアリー・マイ・ラブで、その中でアリーが 「心に一番いけないのは、孤独なんだ」 って言ってた。ドッキリずっしりだ。
人は孤独ではないんですよって言う知人がいるけど、そんな時 ”孤独” は ”所有” と繋がって使われている気がする。
誰かを所有したり誰かに所有されたいと思う”欲”があるから孤独を感じるのだ、それが無くなれば孤独ではなくなる、人は元々ひとりであり、ひとり以上の存在には成り得ないのだから、という感じで。
私はその部分では、達観したくはないかも。
ちくしょう、さびしいぞ、なんて孤独なんだ!って思うのはもがいてて辛いことだけど、同時に人間臭くて人間らしくて良いと思う。
だからもし達観しなくちゃいけないんなら、所有し所有された後でそれを迎えられますように。。。


熱の時に見る夢は、普段と違ってますます辻褄が合わないことが多い。
今回の場合は、雨の日にはその雨音からか 突然アパートの外が激しい吹雪で真っ白になった、とか、同じ作業?動作をやたらと繰り返して気分悪くなる、とか。
でも面白かったのは、ぼけーっと寝ながら色々と考えていて、ある個人的な”突破口”を見つけたこと。余りにも寝続ける時間が長いと寝ててもしっかり考えは続いているらしくて、そのお陰で答えが見付かったって事みたい。
その夜(火曜か水曜だったか)、窓の外は満月の光で溢れていた。空気はぴしっと澄んでいて、空は美しくて。
満月の日には要らないものを考えると良いと聞いたことがあって、夜空に”あーなんてぴったりなタイミングなんだろうか”とぼけーっと思ってたら、ちょっと幸せになった。
ほんと、タイミングってあると思う。


木曜、具合が良くなったから外出しようと思ったけれど友からおとなしくしなさい!と言われて大人しくしてたら、夜、Aussie友だち通称”オサム”が近くまで来てくれて、かつおごってくれると言うので出掛けた。
オサムは良い人なんだけどなーんか、どこか胡散臭い。
「考えたらあかん!イージーゴーイングやで!」って関西弁で言うのも更に胡散臭いし、それを聞くたびに私は ”ぜんぜんイージーには思えませんけど。” って返す。でも、オサムのご両親の故郷・レバノンの話しはとっても面白いし、自国の歴史に関するヨーロッパの植民地支配のことや、要するにアイデンティティの話しはほんと、面白い。どう考えて育って、今遠く日本に住んでいて、真面目な話しどう思ってるんだろうオサム。
「神」についてお喋りしたとき、オサムは 「神はいない。なぜならこんなに世界は紛争に溢れていて、祈る気になれない。でも、もし神がいるとしたら、ひとつだ」って言ってた。
神はいるのか。それは誰で、どこにいて、人種はなんなのか。とか、私は実はぜんぜん興味がない。
だって神様はいるでしょう。
どこにでもいて、誰とかではなく、男でもあり女でもあり、または男も女もいろいろいて、とにかく神は神だ。
祈らなくてはならないとか罰とか恵みとかそんなことも関係なく、祈りたいから祈るんだ。
ただ、神なんていないと思ってしまうに至る出来事を体験した人達のことは、本当にかわいそうだなあと思う。国際社会が手を差し伸べなくてはならない、とも思う。こういうことを思うとき、「きみのためなら1000回でも」って映画を思い出す。

金曜は、友だちと、友だちの展示会を見に池袋東武に行った。今回も素敵な作品が目白押しだった。
勢いと細かさの同居。いわゆる技術。この友はいつか匠と呼ばれるに違いない。
この日は、木曜の夜は小さかった胃も復活して美味しい中華を心行くまで食べた。ダウンしてた時に考えたことや見出した”突破口”について話して、友との会話は一冊の本に匹敵するなーと思った。理解がびっくりするくらい深まる。散らばってた欠片が集まって、整理整頓される感じ。だからまたスペースができて、新しい考えができるようになる。
ほんとにありがたいこと。感謝しています。人は語り合ってなんぼの生き物、だね。
んで、ほら、こういう言葉の中にも 神様はいるって思うよ、私は。



 

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]