忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は携帯メールに最大6時間のタイムラグがあって、私がどうしているのかを知りたい友人達にはさぞ心配を掛けたと思う。そんなことのないように、これからはこのblogと安否確認伝言板に逐一状況を書き込むので、何か知りたい方は下記にアクセスをお願いします。

■PCからはこちら http://dengon.softbank.ne.jp/
■携帯からは、それぞれの災害時伝言板からアクセスしてご確認ください。 



文末には各携帯会社の対応アドレスを記載しましたのでご参考ください。



外は普通に世の中回ってるように見えて、いつもと違う感じは否めない。
アパートの下の部屋には、”ガスも水も止まった”という親類が洗濯をしに来ていた。
…え?どこの話し?
いやいや関東の、ご近所の話しです。
もう有事の事態はすぐそこまで迫ってきているんだ。

駅前の大型スーパーは人でごった返していて、レトルト食品の棚はほぼ空、飲料水は完売、かろうじてインスタントラーメンを5袋、カレーを5パック、スポーツ飲料を4リットル購入できた。
冷蔵庫の中はすでに空に近く、パンと野菜が残るのみ。
米も新たに5キロ購入し、4合炊いて、水道水を1リットルのカラフに溜めた。
普段から水を張っているバスタブは満杯にし、トイレットペーパー、ボックスティッシュ、昨日から女性の都合になったのでナプキンも買い足した。
普段から使っているスリッパは重ねて2重したし、ATMにも寄った。
これでしばらくは何かあってもきっと大丈夫。

千葉の化学薬品工場の火事で薬品を含んだ雨が降るとか噂があるが、福島第一原発の1号炉も爆発してしまって、汚染はいったいどこまで、どんな規模で広がるんだろう。

不安になってしまうけど、できる限りのことはした。
後は、落ち着こう。

そう、今夜はこのアパートよりも安全な、近所のバーに出掛けるかもしれない。
一人より誰かと一緒にいる方が少しは気が紛れそうだし。

また、書き込みます。



--------------------------------------


▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html

伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi


▼KDDIの災害用伝言板サービス
EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ
安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/



▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス
安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/



▼NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html
災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」



▼ウィルコムの災害用伝言板
http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html
ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/
他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/



▼イー・モバイルの災害用伝言板
http://emobile.jp/service/option1.html#saigai
アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→
EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ
安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]