忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週の月曜は忙しかった。13時まで東大宮で親子造詣教室、その後はご飯も食べずに電車に飛び乗り、横浜は神奈川芸術劇場で作業。それについては後日報告するとして、親子アートのことを。

今回は、お教室を開催させていただいている施設、TOMOのスタッフが撮影したA4版の写真を飾る額を作った。中身が出し入れできるように上が開いていて、イメージは”紙芝居の枠”。簡単に好きな画像と差し替えができる。
作業をしながらいつも思うことだけど、お母さんの集中力やお子さんを作業に促す辛抱強さ、巧みさには本当に頭が下がるし、勉強になる。仕上がりも、毎回アイディアのサポートをさせて頂いてはいるとは言っても私の想像を超えていて、今回もお子さんのテーマが盛り込まれた、とても個性的な額になった。みなさんがいかにお子さんのことを理解しているのか、近くに寄り添っているのかが伝わって来る。

時間が無くて作業途中の写真しか撮れなかったがご紹介!


車好きな息子さんのために。この冬、家族旅行の走行中にできた”つらら”を知って大好きになったとのことで、この後、額は氷柱で賑やかに装飾。


優しい色合いの布で覆って額はシックに。中は写真を取っても絵が現れるようにお子さんがコラージュを。
お子さんの名前を綴ったアルファベットは倉俣史朗のフライヤーから!!芸術的!!


いつも根気強くお子さんを作業に参加させるお母さんの作品。皆さんと同じ時間内でほぼお子さんの手によるもの。それだけでもすごいことだけど、偶然とは言えセサミストリート好きなお子さんらしい色合いになっているのが本当にすごい!


年明け最初のお教室だったので、中に入れて使えるようなカレンダーを作ってプレゼントさせて頂いたのだけど、気が付いたらなんだか一年の流れを想像しながら作っていた。
これからも末永いお付き合いを願うし、ほんと、良い年になりますように!!

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]