忍者ブログ
たくさんの道草と、ものづくりの合間の独り言。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

季節ごとに友人宅に集まってお茶をすることから名付けられた集まり”四季の会”のホスト友人に誘われて、新宿御苑へお花見に出掛けた。主催のYさんとは初対面で、高校生の頃にその方のお父様の絵をポストカードで買い集めていたからとても楽しみにしていたけれど、もっと期待と緊張を要する方と対面することになっていたから、それなりに気を引き締めて出掛けた。
それは、大事な友人の元パートナー。以前お会いしたときは、微妙な時期だった。そんな時なのによくして下さって、優しくて寡黙な、無駄なことは話さない大人の人という印象で、チャンスはあったのにもっと早くお会いしておかなかったことをとても悔やんだものだった。あれからもうすぐ7年が経ち、友人もその方も当然いろいろとあったけれど、現在は二人ともとても幸せにしている。だから私も再会できる、という筋書きだ。

結果から言うと、元パートナーは、私が知っていたのはあの状況下で見せたほんの一面でしかなくて、今日の彼はオープンで気さくで、お茶目なかわいい人だった。お天気にも恵まれて、料理もお酒もお土産も十分すぎるほどあって、良いお花見だったと思う。

友人の元パートナーと友人を交えずに会う機会(しかも友人はそれを知っていて色んな意味で喜んでいる)なんてそうそうあることじゃない。文字面だけで見るとちょっと変わってもいるかも知れない。そんな状況を実現できたのは、友人も、元パートナーも、いろいろあったことをすっかり整理できたからだ。そうさせたのは時間か、それともパーソナリティーか。
20年近く経て再会しても悲しくて涙が出たって話を聞いたことがある。別れの状況も気持ちも人それぞれだなーと思わされるけど、過去にどんなことがあったとしても、今、そばに誰かいるならその幸せとしっかり向き合って、そうでなくても未来へのビジョンで胸を膨らませたりして、お互いにそれなりの時間を経たことも正面から捉えて笑顔で再会できるような大人になりたい。過去のどんなことよりも今が最高、と思えなきゃ、そんなの嘘だ。そうじゃなきゃ、胸張り裂けて血反吐でずたぼろになった過去の自分も、今そばにいる人もかわいそう過ぎる。


ちょっと大げさかもしれないけれど…
何事にも遅すぎると言うことはない。きちんと知り合うチャンスは、いつか必ず巡ってくる。
今日の教訓は、言い古されたこれに尽きる。
 

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Profile
HN:
TOBARU SHOKO
性別:
女性
職業:
Creator
自己紹介:


フリーランスのジュエリー作家から調理の世界に寄り道後、アートのクリーエーションに魅了されて現在に至る。
育児支援施設にて親と子を対象とした造詣教室「親子でアート♪」を手掛ける他、下手の横好きで書きモノも少し。
アクセサリー制作は作家の補助、
初心者対象の教室、趣味での制作、など。
ちなみに画像は家宝のPIRELLI Calendar 96 by Peter Lindberghより。
okinawa出身。

                 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Trackback
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]